イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 工学院大学

工学院大学

エリア防災+新宿

大学組織展示

巨大都市・複合災害に対するエリア防災活動支援技術

小間 U-02
プレ u0831_b_1

提案テーマ責任者:建築学部まちづくり学科 都市減災研究センター長/教授 久田 嘉章

プレゼンテーション発表者:建築学部まちづくり学科 都市減災研究センター長/教授 久田 嘉章

出展ゾーン
大学組織展示ゾーン
出展分野
大学組織展示
小間番号
U-02
プレゼンテーション
u0831_b_1
8月31日(金)
西1-B
10:30 - 10:50

展示概要

提案の概要
新宿に代表される大都市中心エリアにおいて震災・水害等の複合災害に対して「逃げる必要のない建築・まち」の実現を目的として、最先端の建築学(震災対策)と情報学(ICT技術)との融合により、都市型複合災害に強く、速やかな機能回復に支援する様々なエリア防災活動支援技術を開発している。本展示では地元自治体と事業者・住民と連携により開発した様々な開発技術と活用事例を紹介する。

 

展示のみどころ
「自立移動式災害対応支援ユニット」は2台のバンで移動し、災害時の避難場所等で自前の電源・通信・情報伝達手段と救急救護用テントで活動支援を行う。「一時滞在施設・医療救護所・避難所開設キット」は各施設で速やかな開設・運営を可能とするパッケージツールである。また新宿駅周辺エリアでの自助・共助による震災時行動ルールや発災対応型訓練、超高層建築の「逃げる必要のない」各種安全対策のデモ展示を行う。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
今回の組織展示のエントリーは、学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として文部科学省に採択された「私立大学研究ブランディング事業」の出展を行う。これは、地域の経済・社会の発展・深化に寄与する目的で採択された事業で、企業の本社機能が集中する大都市中心エリアにおいて、都市型複合災害に強く、速やかな機能回復の支援を行うことで、企業のBCP(事業継続計画)に対しても有効に機能する防災活動支援技術の提供についても目的としている。

 

 

D-ZEV (Disaster-robust Zero Energy Vehicle)の構成図

自立移動式災害対応支援ユニットの構成図(D-ZEV)/Diagram of D-ZEV (Disaster-robust Zero Energy Vehicle)

避難所・一時滞在施設の開設キット/Opening Kit for Evacuation and Temporary Shelters

お問い合わせ先

研究戦略部 研究推進課

電話:03-3340-3440   FAX:03-3442-5304  

URL:https://www.kogakuin.ac.jp/research/index.html

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop