イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 九州工業大学

九州工業大学

シニア見守り、安全運転支援、ヘルスケアIoT

大学組織展示

IoTによるアクティブシニア活躍都市基盤開発

小間 U-34
プレ u0830_b_12

提案テーマ責任者:イノベーション推進機構 イノベーション推進機構長 三谷 康範

プレゼンテーション発表者:イノベーション推進機構 イノベーション推進機構長 三谷 康範

出展ゾーン
大学組織展示ゾーン
出展分野
大学組織展示
小間番号
U-34
プレゼンテーション
u0830_b_12
8月30日(木)
西1-B
14:40 - 15:00

展示概要

提案の概要
政令都市の中で最も高齢化が進む北九州市の特性を活かし、独自性の高い「非接触生体センサ」と実績豊富な「センシングデータ解析技術」を組み合わせにより、自然な環境)の中でひとびとの生活をやさしくみまもる世界「アンビエント・ヒューマン・センシング」を提案します。具体的には「シニア 見守り&ヘルスケアIoT事業化」及び「安全運転支援用生体センサIoT事業化」を目指し、新事業創出体を新たに設置することを想定しています。

 

展示のみどころ
高齢者施設/病院における転倒転落事故防止のため、被介護者の行動を全く制限せずにベッドにいる人の動きを検知して、介護者に通知することのできる離床センサや、安全運転支援を目的に開発した運転者の眠気・疲労を検知する姿勢センサ等を実際に動作させ、センサの性能ほ体験できます。さらに、センサでとらえた情報とラベル情報をビッグデータ解析することで対象者の行動を認識するアプリケーションを展示します。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
外部から招へいした事業プロデューサーをリーダーとして、URA、CD及び外部専門家による事業プロデュースチーム体制を整え、事業化を推進する。事業の事務局はイノベーション推進機構グローバル産学連携センターに設置し、共同研究や技術移転等外部からの問い合わせに対しては同じセンターに設置している国際・研究推戦略部門、産学連携部門、知的財産部門、技術移転部門と連携し、組織的な対応を行ないます。

 

 

非接触生体センサ/Non-contact Biosensor

行動認識技術/Activity Recognition Technology

お問い合わせ先

九州工業大学 イノベーション推進機構

電話:093-884-3561   FAX:093-881-6207  

URL:https://www.iot.kyutech.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop