イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 青山学院大学

青山学院大学

次世代ウェルビーイング(ヒトのIoT)

大学組織展示

~個別適合をめざした統合的人間計測・モデル化技術の構築~

小間 U-09
プレ u0830_a_7

提案テーマ責任者:理工学部 経営システム工学科 研究リーダ 熊谷 敏

プレゼンテーション発表者:理工学部 学部長 長 秀雄

出展ゾーン
大学組織展示ゾーン
出展分野
大学組織展示
小間番号
U-09
プレゼンテーション
u0830_a_7
8月30日(木)
西1-A
13:00 - 13:20

展示概要

提案の概要
健康、福祉、教育等の分野では人手が掛かることによる費用増加が社会課題となっています。これに対してセンサ等の情報を活用するIoTが提唱されています。但し、ヒトに関する生体情報、動き情報、環境情報は多岐に渡り、生理面、心理面を考慮した独自の処理、解析方法、情報提供、環境調整等の技術が必要となります。本プロジェクトでは、このような統合的人間計測、モデル化技術を開発し、個々人に特化したサービスを可能とします。

 

展示のみどころ
健康分野では睡眠時の生体情報から睡眠の質を評価するシステム、生体情報・環境情報を取得するポータブルなシステム、福祉分野では高齢者の転倒検知と咀嚼回数の見える化システム、動き情報をスポーツと塗装作業の技能承継に役立てるシステム、教育分野では学習者の脳波等を教材提示に反映するシステム、分野に依らない生体情報取得方法として画面皮膚温の測定システムを展示します。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
次世代Well-beingプロジェクトは、学長、副学長兼理工学部長の強力なリーダーシップに基づき推進しています。また、関与する研究者も固定化せず、必要に応じて人文系の研究者や、学外の適任の研究者を招き入れ、企業側の課題解決を実現するために最適なチームを編成していきます。その窓口として、研究推進課リエゾンプロジェクトがあたり、副学長と協調しながら本格的な共同研究の企画・提案を行い、社会実装をサポートしていきます。

 

 

青山学院大学 次世代ウェルビーイング

健康・スポーツ: 青山学院大学 次世代ウェルビーイング/Aoyama Gakuin University - Next Generation Well-Being

青山学院大学 次世代ウェルビーイング

福祉: 青山学院大学 次世代ウェルビーイング/Aoyama Gakuin University - Next Generation Well-Being

お問い合わせ先

相模原事務部研究推進課リエゾンプロジェクト

電話:042-759-6056   FAX:042-759-6042  

URL:https://liaison.a01.aoyama.ac.jp/index.html

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop