イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 京都工芸繊維大学

京都工芸繊維大学

地産地消型エネルギー融通

大学組織展示

電力ルータを用いた自律分散DC電力ネットワーク

小間 U-47
プレ u0831_a_9

提案テーマ責任者:京都工芸繊維大学 電気電子工学系 教授 門 勇一

プレゼンテーション発表者:電気電子工学系 教授 門 勇一

出展ゾーン
大学組織展示ゾーン
出展分野
大学組織展示
小間番号
U-47
プレゼンテーション
u0831_a_9
8月31日(金)
西1-A
13:40 - 14:00

展示概要

提案の概要
高性能SiCパワー素子を用いて電力のフローをリアルタイムで機動的に制御できる3ポート電力ルータ(DC 400V 10kW)のプロトタイプを開発した。このルータを高度情報通信網と緊密に連係させ、様々な用途で使う電力ネットワークのノードとして機能させる研究開発を展開している。普及する電気自動車へ充電や遍在するエッジサーバへの高信頼な電力供給を担い、既存の配電網との連系機能をもつ再生可能エネルギー源を活用した自律分散協調型電力ネットワークの実現を目指している。

 

展示のみどころ
地産地消型エネルギー融通に好適な自律分散協調型DC電力ネットワークを構成する3ポートDC電力ルータを展示する。ルータは高性能SiCパワー素子を用いてDC 400Vで最大10kWの電力フローを制御し、各ポートは直流的には電気的に絶縁されており、安全にネットワークの拡張・改変が可能。また、ルータは各ポートへの制御機能割り当て(定電圧制御、定電流制御等)、電力ルータ間での連携制御、自動立ち上げ・シャットダウン等の機能を有する。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
スタンドアロンの3ポート電力ルータの制御手法を確立し、このルータをノードとして用いた自律分散協調型電力ネットワークのテストベッドを構築した。このテストベッドを産学連携によるイノベーション・プラットフォームとして活用し、電気自動車の普及に備えた充電システム機能、IoTとAIの社会で遍在するエッジサーバへの電力供給システム機能、動作中ネットワークへのPlug in & play機能、被災時にミッション再定義できる高リジリエンス化機能を共同で検証したり、応用展開を共同で実証できる。

 

 

SiCパワー素子で試作した3ポート電力ルータ

DC 400 Vの電力線でループ形に接続された電力ルータ

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop