イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 岐阜大学

岐阜大学

ヒューマンコンポジット

大学組織展示

テーラードマテリアル&デザインによる人のための複合材料

小間 U-24
プレ u0831_b_13

提案テーマ責任者:Guコンポジット研究センター センター長・教授 武野 明義

プレゼンテーション発表者:Guコンポジット研究センター センター長・教授 武野 明義

出展ゾーン
大学組織展示ゾーン
出展分野
大学組織展示
小間番号
U-24
プレゼンテーション
u0831_b_13
8月31日(金)
西1-B
15:00 - 15:20

展示概要

提案の概要
航空機、自動車用の複合材料だけでなく、高齢化社会に向けて人を支えるコンポジットの開発を行う。人の一部となる義肢、車いすなどから、将来的にパワーアシストを行うスーツまで、着る感覚で人を支える未来を目指す。そのため、炭素繊維強化樹脂だけでなく、分子レベルの複合も含め、広くコンポジットの開発対象を捉えることで、物質から成形まで企業が求めるテーラードマテリアルかつデザインが可能な素材開発を行う。

 

展示のみどころ
2018年4月にスタートした新センターの活動、受け入れ態勢の紹介と研究例。例えば、人に合わせたテーラードデザインを可能とする組紐技術を応用した炭素繊維強化樹脂、物質から複合材料を変えることを目指し、空気の微細泡により表面改質する界面制御技術、吸水性ゲル以上に水を保持し粒子分散が可能な技術、針状や板状セラミック微粒子を成長させる技術など。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
Guコンポジット研究センターは岐阜大学内のものづくり拠点として2018年4月に設立された。産官学連携をミッションとする機構内に属し、ヒューマンコンポジットをキーワードにした部局横断的な研究組織となっている為、企業ニーズに対応した共同研究の企画、マネージメントがワンストップで処理できる体制となっている。また本センターは東海北陸地区の広域複合材料コンソシアムの一員であり、広く研究開発ネットワークを活用した産業界へのシーズ提供が可能である。

 

 

空気の微細泡の圧壊力により、カーボン繊維の表面改質ができる

空気の微細泡による表面改質/Surface modification by air bubbles

組紐技術で、人に合わせた複合材料の成形が可能

組紐技術によるテーラードデザイン/Tailored design by KUMIHIMO composites

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop