イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 名古屋工業大学

名古屋工業大学

AI・ロボット・IoT・人財育成

大学組織展示

安心と信頼を獲得するものづくり・ひとづくり

小間 U-22
プレ u0830_a_12

提案テーマ責任者:産学官金連携機構 機構長/副学長(産学官金連携,社会連携担当) 江龍 修

プレゼンテーション発表者:産学官金連携機構 機構長/副学長(産学官金連携,社会連携担当) 江龍 修

出展ゾーン
大学組織展示ゾーン
出展分野
大学組織展示
小間番号
U-22
プレゼンテーション
u0830_a_12
8月30日(木)
西1-A
14:40 - 15:00

展示概要

提案の概要
AI・ロボット・IoT技術は、必要なツールであり、またこれからの技術に必要なパートナーとなっている。本学の強みである、AI、情報系のセンター、「NITech AI研究センター」を開設し、先端AI技術と「ものづくり産業」のイノベーションハブを目指す。また、名古屋市が主催、本学が運営するロボット・IoTの導入支援相談窓口が本学に設置され、今後、専門人財育成事業を行う。本学の取り組みと、ロボット・IoTを活用した新しい技術の紹介、また、その可能性について提案する。

 

展示のみどころ
本学が有するAI・ロボット・IoT技術、および事業創造思考ツールを活用し、技術を見える形にし、未来に伝えられる技術にすることを、目指すためのビジョンを提案する。ロボットが人のパートナーとして、今後活用が広がっていく社会、それに必要なモノづくり技術を提案する。またそれら技術を活用できる本学との「組織」対「組織」の連携についても紹介する。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
パートナーラウンドテーブルを活用し、「組織」対「組織」で共同研究を実施している。この制度ではパートナーとなる企業がテーブル(資金)を提供し、そこをディスカッションの場としている。大学側は企業の要望に相応する複数の教員を参加させ、”質と効率の高い交流の場”を提供することで新事業に繋がる研究の種を創出している。産学官金連携機構が窓口として、秘密保持を一元的に管理しているため、案件毎に契約を結ぶ必要がなく、迅速な対応を可能としている。

 

お問い合わせ先

国立大学法人名古屋工業大学産学官金連携機構

電話:052-735-5627   FAX:052-735-5542  

URL:http://tic.web.nitech.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop