イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 芝浦工業大学

芝浦工業大学

アーバン・エコ・モビリティ

大学組織展示

次世代都市の交通・交流・環境を支えるモビリティ技術

小間 U-13
プレ u0830_a_13

提案テーマ責任者:研究推進室 研究企画課 リサーチ・アドミニストレータ 吉田 晃

プレゼンテーション発表者:複合領域産学官民連携推進本部 教授 武田 貞生

出展ゾーン
大学組織展示ゾーン
出展分野
大学組織展示
小間番号
U-13
プレゼンテーション
u0830_a_13
8月30日(木)
西1-A
15:00 - 15:20

展示概要

提案の概要
多様化・複雑化した高密度な都市で、安心・安全・快適に、かつ環境に配慮した移動ツール・手段を提案する。自律動作、見守りを担うロボット・ネットワーク技術、都市にやさしいマテリアル技術等による工学的アプローチからエコ・モビリティとして実現する。都心にキャンパスを置く芝浦工業大学の地に知を結集し、都市課題に即した具体的なプロトタイプの作製と、それを担う人材育成を行う。

 

展示のみどころ
アーバン・エコ・モビリティを構成する①LiDAR等センサとネットワークロボット技術を組み込んだ都市自動運転テストモデル(シニアカー)と②都市にやさしい高効率モータやマテリアルを使った自動車用ヒートシンク等の部品、を展示する。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
学長を本部長とする複合領域産学官民連携推進本部が、産学官連携、研究活動等を支援・推進する仕組み、実績を持つ。契約締結、研究マネジメント、知財管理・活用、研究施設・設備の管理、研究者交流、人材育成など、あらゆる共同研究要素を、URAやスタッフが組織的に支援する(研究推進室)。研究開発は、基礎研究→知財形成→プロトタイピング(実装)の各研究フェーズをシームレスにつなぐエンジニアリングリサーチセンター(ERC)のスキームを適用する。

 

お問い合わせ先

芝浦工業大学 研究推進室 研究企画課

電話:03-5859-7180   FAX:03-5859-7181  

URL:http://www.shibaura-it.ac.jp/research/academic_industrial_collaboration/multi-phase_industry_academia_collaboration.html

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop