イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 秋田大学

秋田大学

資源の有効利用を担う技術イノベーション

大学組織展示

地中熱利用による温暖化対策/リサイクル・資源分離技術の新展開

小間 U-31
プレ u0831_a_12

提案テーマ責任者:国際資源学研究科 研究科長 佐藤 時幸

プレゼンテーション発表者:国際資源学研究科 資源開発環境学専攻 教授、准教授 藤井 光、芳賀 一寿

出展ゾーン
大学組織展示ゾーン
出展分野
大学組織展示
小間番号
U-31
プレゼンテーション
u0831_a_12
8月31日(金)
西1-A
14:40 - 15:00

展示概要

提案の概要
高効率かつ低初期コストを実現する地中熱利用システムの開発を行っており、地下水流れを利用した地盤温度コントロールによるシステム効率の改善を達成している。また、使用済み電子基板や白金族金属等のリサイクル、回収プロセスについて、物理選別あるいは湿式分離技術を利用した白金族・レアメタル等の新たなリサイクル技術の可能性について提案する。

 

展示のみどころ
秋田大学で製作した地中熱ヒートポンプを実際に運転し、地盤の熱をどのように採取して省エネルギー型空調に用いることができるかを運転挙動モニターを用いてわかりやすく説明する。また、熱応答試験装置、光ファイバー温度計の運転実演を行い、秋田大学が所有する高精度の地下計測技術について重要性と利用法を説明するほか、白金族・レアメタル等のリサイクル・資源分離技術について展示パネルを使って説明する。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
これまで多くの国委託事業や民間企業との共同研究を受託し,地中熱利用システムの高効率化を目指した技術開発を行ってきた。これらで蓄積した地中熱利用に必要な知識、ノウハウが提供可能である。さらに天然資源やリサイクル原料等の有効利用を目的に、リサイクル製錬あるいは資源分離技術の高度化を進めてきた。今後期待される新しい資源回収・生産技術の一端を紹介・提供することが可能である。

 

お問い合わせ先

秋田大学 産学連携推進機構

電話:018-889-2712   FAX:018-837-5356  

URL:http://www.akita-u.ac.jp/crc/

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop