イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 筑波大学

筑波大学

モビリティイノベーションの社会応用

大学組織展示

Society 5.0を実現する地域未来の社会基盤づくり

小間 U-07
プレ u0830_a_1

提案テーマ責任者:国際産学連携本部 本部審議役/教授 内田 史彦

プレゼンテーション発表者:未来社会工学開発研究センター センター長 髙原 勇

出展ゾーン
大学組織展示ゾーン
出展分野
大学組織展示
小間番号
U-07
プレゼンテーション
u0830_a_1
8月30日(木)
西1-A
10:30 - 10:50

展示概要

提案の概要
組織対組織型の本格的な産学官連携によるオープンラボ方式を採用し、5年間を1期とする長期研究活動で地域経済・社会の課題解決と未来産業創出の拠点化形成と政策提言に取り組む。移動の自由は人類で共有できる根源的な希求である。自動運転、水素社会、車両データの利活用などモビリティイノベーションを視野に社会工学・睡眠・サイバニクス研究を融合させた学際性ある先端研究でSociety5.0の実現を目指す。

 

展示のみどころ
モビリティイノベーションが到来する近い将来を先取りした交通流のモニタリングからサンプリングデータの利活用について当日はディスプレイで視覚的に紹介する。

産業界に向けた提供可能な組織的対応の概要
筑波大学が所在する茨城県は農業出荷額ならびに道路総延長が国内第2位の豊かな自然環境と研究学園都市として優れた研究基盤を有している。自動運転、ロボティクス、燃料電池などの自動車の技術革新と衛星、携帯端末など関連する先進技術によるデータ解析と社会応用で地域未来に新たな社会サービスを創出する。地域住民と自治体、企業、大学が連携した産学官連携で地方創生に資する政策提言と実学研究で社会実装を促進する。

 

お問い合わせ先

筑波大学 産学連携部 産学連携企画課 企画担当

電話:029-859-1489   FAX:029-859-1693  

URL:https://www.sanrenhonbu.tsukuba.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop