イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 日本大学 薬学部 薬学研究所

日本大学 薬学部 薬学研究所

草間 國子 上席研究員

カビからのおくりもの!新規ALS治療薬シーズの発見

ライフサイエンス
小間 L-18

Nihon University School of Pharmacy Senior Researcher Kuniko Kusama

A gift from a fungus: Discovery of a novel candidate remedy for ALS, a devastating motor disease

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-18

展示概要

技術概要
所属機関が保有する真菌約600種のエキスライブラリーから得られた新規化合物YY-1は、神経系培養細胞を用いたスクリーニング3種において強い保護活性を示した。さらに筋萎縮性側索硬化症 (ALS)モデルマウスに生後45日目から連続投与したところ、運動機能低下の遅延ならびに寿命延長作用(約9日)が示された。この効果は対照とした天然物のcaffeic acid phenethylesterよりも強力であった。見出された新規化合物YY-1は、現状ではほとんど無いに等しいALS治療薬開発シーズとしての高い価値をもつ物質と判定される。

想定される活用例
・筋萎縮性側索硬化症 (ALS)内服治療薬
・脳梗塞発作後の治療薬

 

展示のみどころ
実験動物における投与実験結果の詳細

特許情報

特許情報1 発明の名称
医薬組成物及び化合物
特許情報1 出願人
学校法人日本大学
特許情報1 発明者
草間 國子
特許情報1 出願日
特許情報1 出願番号
プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop