イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 大阪工業大学 工学部 機械工学科

大阪工業大学 工学部 機械工学科

田原 弘一 教授

電気推進ロケットエンジンを搭載したドローン型小型衛星の開発・打ち上げ

装置・デバイス
小間 M-55

Osaka Institute of Technology Professor Hirokazu Tahara

Development and Launch of Dorone Small Satellites with Electric Rocket Engines

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-55

共同研究者

大阪工業大学 知的財産学部
准教授 高田 恭子

展示概要

技術概要
大阪工業大学 工学部では学内人工衛星プロジェクトとして、知的財産学部のマネジメントの元、小型人工衛星の開発・打ち上げ・運用と各種搭載機器の設計製作を行っている。特に、JAXA小惑星探査機「はやぶさ」に搭載されたイオンロケットエンジンなど各種の電気推進ロケットエンジンの開発、それによる世界初の動力航行用小型衛星、超低空地球観測衛星、宇宙ゴミ除去ロボットの開発を目指し活動している。まさに、宇宙のドローン、宇宙空間を自由に動ける小型衛星の開発・打ち上げを目指し、その世界販売も視野に入れている。

想定される活用例
・災害等の緊急時に目的地上空に素早く移動し、観測・緊急通信に利用できる衛星
・デブリに取り付いて軌道を変更し落下させる衛星
民間企業からの最先端技術やユニークな技術を積極的に宇宙利用、実利用したい。世界的な宇宙ビジネスの展開!

 

展示のみどころ
JAXA小惑星探査機「はやぶさ」搭載「イオンロケットエンジン」と同種の電気推進ロケットエンジンの実物を展示します。
また、各種人工衛星の姿勢制御機器など近未来の宇宙開発に必要不可欠な最先端技術を大学・民間企業により提案、設計開発した事例をご紹介いたします。

お問い合わせ先

大阪工業大学 研究支援・社会連携センター

電話:06-6954-4140   FAX:06-6954-4066  

URL:http://www.oit.ac.jp/japanese/sangaku/liaison/liaison.html

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop