イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 長野工業高等専門学校 電子制御工学科 ―

長野工業高等専門学校 電子制御工学科 ―

中山 英俊 准教授

表皮効果損失を低減する低損失伝送線路技術の提案

装置・デバイス
小間 M-39

National Institute of Technology, Nagano College Associate Professor Hidetoshi Nakayama

Proposition of low loss transmission lina technology to reduce conductor loss caused by skin effect

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-39

共同研究者

信州大学 工学部
准教授 曽根原 誠

展示概要

技術概要
我々は、次世代高周波通信回路をターゲットとして、高周波回路の大きな課題である導体損失低減の解決に取組んでいる。本展示では、高周波における表皮効果損失の抑制技術について、従来の方法と異なる新たな方法を発表する。従来は、正/負の透磁率材料の積層方法を提案したが、本技術は導体材料単体で実現できる新たな解決方法を提案する。

想定される活用例
・様々な高周波回路や無線回路の配線として
・様々な高周波デバイスの導体として

 

展示のみどころ
スマホなど携帯端末や今後普及が加速するウェアラブル機器などの高周波回路や無線回路において,配線の損失を如何に低減するかが課題ですが,表皮効果を抑制する技術を実現できれば,その周波数においては表皮深さが限り無く深くなり,表皮効果を低減でき直流抵抗とほぼ等しくすることが電磁界解析で明らかになりました.当日は,電磁界解析結果についてポスターをご覧頂きながら詳細に説明致します.

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop