イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 熊本大学 大学院生命科学研究部 製剤設計学分野

熊本大学 大学院生命科学研究部 製剤設計学分野

東 大志 助教

新規超分子素材「分子ネックレス」

ライフサイエンス
小間 L-65

Kumamoto University Research associate Taishi Higashi

Novel Supramolecular Material "Molecular Necklace"

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-65

展示概要

技術概要
環状オリゴ糖であるシクロデキストリンを用いて、ポリカテナン (下図) と呼ばれる分子ネックレスの調製に成功した。近年、ポリロタキサンを用いたゲル化剤・塗料の開発が活発に行われており、携帯電話やスピーカー等に用いられている。ポリカテナンはポリロタキサンと同等の物性を有している一方で、簡便かつ低コストで合成可能であるため、新素材としての可能性を有する。例えば本化合物は、ゲル化剤、生体素材、分子マシンなどを構築する際の基盤材料となり得る。

想定される活用例
・塗料・ゲル化剤 (自己修復ゲル)
・生体素材、薬物担体
・各種材料 (リチウム電池等にも応用可能)

 

展示のみどころ
シクロデキストリンと呼ばれる日常にありふれた化合物 (緑茶、ウコン飲料、消臭スプレー等にも含まれる) を材料として、ナノサイズの分子ネックレス (ポリカテナン) の合成に世界で初めて成功した。シクロデキストリンポリカテナンの合成には、半世紀以上も前から多くの研究者が挑戦してきたが、成功した者はいなかった。本ポリカテナンは、産業的、学術的にも非常に興味深い素材である。

お問い合わせ先

熊本大学 熊本創生推進機構 イノベーション推進部門

電話:096-342-3246   FAX:096-342-3239  

URL:https://www.kumamoto-u.ac.jp/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/innovation/contact/form/10

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop