イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 CO2分離・転換研究部門

九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 CO2分離・転換研究部門

谷口 育雄 准教授

常温成形可能な生分解性プラスチック

マテリアル・リサイクル
小間 Z-40

Kyushu University Associate professor Ikuo Taniguchi

Degradable plastic with low-temperature formability

12 つくる責任 つかう責任
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-40

展示概要

技術概要
プラスチックは一般的に溶融成形により成形されるが、その消費エネルギーが大きく、また加熱時に高分子主鎖の断裂が起こり物性が低下する。よって、リサイクル性に乏しく、また化石資源枯渇が問題となっている。ここで展示するプラスチックは再生可能資源から合成することが可能(化石資源保護)な生分解性高分子材料(環境低負荷)であり、常温成形が可能である。よって、従来の加熱溶融の必要がないため、格段に省エネルギーであり、かつCO2排出も削減可能であり、次世代のプラスチック材料として期待されている。

想定される活用例
・ポリエチレンなど汎用石油由来プラスチックの代替
・農業用マルチへの応用(薬物徐放性材料)
・トナーなど記憶材料への応用

 

展示のみどころ
開発した低温成形性プラスチックの加圧成形試験を行い、従来の加熱ではなく、室温で加圧によって成形できることを実演する。

 

農薬含有マルチシート / A biodegradable multi film containing agricultural chemicals

お問い合わせ先

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所

電話:092-802-6932  

URL:http://i2cner.kyushu-u.ac.jp/ja/

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop