イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 兵庫県立大学 工学研究科 材料・放射光工学専攻

兵庫県立大学 工学研究科 材料・放射光工学専攻

三浦 永理 准教授

白いチタン:安全で目立ちにくい歯科用金属の表面処理

医療
小間 W-33

University of Hyogo Associate Professor Eri Miura-Fujiwara

White Titanium - safe and aesthetical surface coating for metallic biomaterials -

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-33

展示概要

技術概要
簡便な手法で白く硬い皮膜をチタン上に生成させ,基板の優れた機械的性質を残しつつ,金属色を被覆し口腔内で目立たない処理技術開発を行っている.本技術の白色皮膜は自己酸化による安全な酸化チタンが主成分で,皮膜密着性はエポキシ接着材と同等以上と高い.白色化技術は高温酸化や陽極酸化,大気圧プラズマ処理等の乾式から湿式まで様々あり,これまでにチタン-ニオブ合金と,汎用工業用純チタン,歯科用チタンーアルミーニオブ合金の白色化に成功した.チタン酸化膜の層状構造を利用した複合材では,抗菌機能や薬剤担持などの機能性付与も可能である.

想定される活用例
・支台歯オペーク処理,・歯列矯正ブラケットやアーチワイヤの前歯部分処理
・インプラント上部構造のブラックライン防止
・アクセサリーや腕時計,スマートフォンケース等のチタン製外装品

 

展示のみどころ
白色被膜を施したチタン製サンプル,試作品としてブリッジ,クラウンおよび歯科矯正アーチワイヤやインプラント等を展示します

 

白色化したTi製インプラントアバットメント / White oxide coated Ti implant abutment

白色化前後のチタン板試料 / Polished and coated Ti samples

特許情報

特許情報1 発明の名称
白色構造体及びその製造方法
特許情報1 出願人
兵庫県立大学,北見工業大学
特許情報1 発明者
三浦永理,内田恭兵,大津直史
特許情報1 出願日
2017年12月20日
特許情報1 出願番号
2017-244190
特許情報2 発明の名称
高温酸化TiO2の自己組織化層状組織を利用した複合層状構造体
特許情報2 出願人
兵庫県立大学
特許情報2 発明者
三浦永理,菊池丈幸
特許情報2 出願日
2017年2月6日
特許情報2 出願番号
2017-19729
特許情報3 発明の名称
高温酸化TiO2の自己組織化層状組織を利用した複合層状構造体
特許情報3 出願人
兵庫県立大学
特許情報3 発明者
三浦永理,菊池丈幸
特許情報3 出願日
2016年2月8日
特許情報3 出願番号
2016-22147

お問い合わせ先

兵庫県立大学大学院工学研究科 三浦永理

電話:079-267-4904  

URL:http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/msc/emiura/index.html

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop