イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > オーバートーン株式会社

神奈川県

オーバートーン株式会社

UML to RTL技術でシステム開発を効率化

IoT・電子・AI

設計品質の確保と属人性の低減を実現、FPGA Computingにも対応

小間 NI-18
プレ n0831_1_1335
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
IoT・電子・AI
小間番号
NI-18
プレゼンテーション
n0831_1_1335
8月31日(金)
NEDOプレゼンテーション スペース1
13:35 - 13:40

出展概要

製品・技術の名称
LSI開発を上流から支援する設計ツール NSL Overture

 

展示の概要
多機能、かつ複雑化するシステム開発に対して、全体仕様の検討段階からオープンな仕様記述⾔語UMLでモデリングし、ハードウェアとソフトウェアの協調した開発環境を実現.仕様の共有だけでなく、メンテナンス性や再利用性が向上するメソドロジーを紹介.合成可能なUMLダイアグラムでLSI開発の効率を改善する設計ツール(NSL Overture)を、事例をベースに技術や導入メリットを説明します.

 

コアの技術・特許情報
コア技術は、オブジェクト指向を取り入れた抽象度の高い記述で動作を書き下ろせるハードウェア記述⾔語(NSL)と、3種のフォーマット(Verilog-HDL/VHDL /SystemC) をサポートし⾼品質なRTL(回路)を出力するNSL合成エンジン(NSL to RTL)です.

 

特徴・ポイント
『オープンな仕様記述⾔語UMLから既存のRTL(回路)を自動生成する設計ツール』
・UMLダイアグラムで記法や記述を統一、あいまいさを排除した合成可能な仕様モデルからLSIが開発できます.
・⾼品質なRTLモデル(回路)を⾃動生成、初級技術者も上級レベルの質の良い最適な回路が実現できます.

 

想定される提供先・提供先へのメリット
・高品質、かつ高効率にLSIを開発したい半導体メーカなどの企業様
・独自の専用LSIを開発する機器/装置メーカなどの企業様
・開発力を強化したい設計会社やIPベンダーなどの企業様
◆ 導入メリット
・手戻りを削減、LSI設計の効率が50%向上
・メンテナンス性や再利用性が向上
・技術や事業の継承問題が解決
・機能安全/トレーサビリティにも対応

 

主な実績
◇医療用検査機器の専用LSIで動作する"2D Display Controller"IPコア
◇通信放送機器のFPGAで動作する"SMPTE2022-1/2 FEC対応 Video over IP"IPコア
◇FPGAを搭載したIoT機器の試作開発 など

 

 

Fig1. 製品NSL Overture/Fig1. NSL Overture

Fig2. ワークフロー/Fig2. Workflow

関連URL

出展者プロフィール

[社名] オーバートーン株式会社 
[概要] 設立:2010年1月29日 資本金:6,500万円 代表取締役社長(CEO):佐藤 正
[事業内容]半導体デバイス向け設計支援ツールの開発・販売及び教育.IPコアの開発・販売及び付帯するサービス(技術・開発・コンサルティングなど)の提供.

お問い合わせ先

オーバートーン株式会社 営業部

電話:045-624-9515  

メールアドレス:sales@overtone.co.jp

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop