イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 豊中計装株式会社

大阪府

豊中計装株式会社

超大型ソーラー発電施設等の後付け容易な遠隔監視システムと電流センサー

IoT・電子・AI

2本の配線のみで施設全体のストリング監視とセンサーへの電力供給が可能に!

小間 NI-11
プレ n0831_1_1225
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
IoT・電子・AI
小間番号
NI-11
プレゼンテーション
n0831_1_1225
8月31日(金)
NEDOプレゼンテーション スペース1
12:25 - 12:30

出展概要

製品・技術の名称
省配線装置 LowLan(ローラン)

 

展示の概要
 豊中計装の保有する「省配線多重伝送の技術」と大阪市立大学の「電流センサー技術」の融合と周辺技術を開発することにより長期的には更に大型化する超大型ソーラ発電所等の総合監視システムの構築をローコストで確立することにある。配線方法等の周辺技術の開発も並行して行い大幅な工事費用の削減ができる仕組みを創り出し長期間の安定したソーラ発電の管理を容易にする装置を開発するものである

 

コアの技術・特許情報
直流電力に信号をのせる技術はライン上に取り付けられた伝送主局デバイスから生成された同期信号を、ライン上の各子機が読み取る事で相互通信が可能になる。
このクロックはインピーダンスが低く、デューティー比は80~90%なのでパワーそのものであり、IoT端子台を通して平滑し機器の先に接続されたセンサー類へ電力の供給をおこなうものである。

 

特徴・ポイント
弊社従来の省配線機器の実績・ノウハウを活かし開発したため、耐ノイズ性・施工性に優れており、太陽光発電施設においてはパワーラインと信号線を併設しても確実な伝送が可能です。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
ストリング監視システムを安価に提供させていただく事で発電量の監視はもちろんの事、パネルの枚数が多い現場でも故障箇所の特定が容易になります。
また太陽光発電事業者様以外の事業者様においても、省配線機器による信号監視は導入コストの削減や保守の簡易化など様々なメリットがございます。

 

主な実績
弊社従来の省配線機器「ユニバーサルライン」は耐ノイズ性・長距離伝送の部分から鉄道事業者様や様々な工場事業者様に信号監視や、生産管理のシステム等に実績がございます。

 

 

伝送波形の仕組み

関連URL

出展者プロフィール

従来から省配線機器の開発と製造をしております。
実線による長距離伝送や電力線搬送などの技術を得意としています。

お問い合わせ先

豊中計装株式会社

電話:06-6336-1690   FAX:06-6333-2451  

メールアドレス:tk@toyonakakeisou.com

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop