イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > マゼランシステムズジャパン株式会社

兵庫県

マゼランシステムズジャパン株式会社

QZSS対応、次世代高精度多周波マルチGNSS受信機のチップ化と事業化

IoT・電子・AI

農機・建機・ドローン・自動車の自動運転やV2Xを実現する期待のテクノロジーです。

小間 NI-24
プレ n0831_1_1435
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
IoT・電子・AI
小間番号
NI-24
プレゼンテーション
n0831_1_1435
8月31日(金)
NEDOプレゼンテーション スペース1
14:35 - 14:40

出展概要

製品・技術の名称
QZSS対応多周波マルチGNSS受信機及びIMU(慣性演算ユニット)

 

展示の概要
従来非常に高価であった高精度RTK-PPP衛星測位モジュールのコストを劇的に低減。特に農機・産機・建機・ドローン・自動車等の自動運転、安全管理システム、作業機械や車両のクラウド経由による管理や高効率運航(IoT)の普及に寄与します。将来的には、人やモノの動きをより高精度に把握する事により、スマートシティに代表される高度化社会構築の公器となる技術です。

 

コアの技術・特許情報
・GPS、QZSS、GALILEOやGLONASSを利用した複数周波数による高精度測位アルゴリズム(異機種の受信機間で発生するバイアスへの対処)
・GPS、QZSSのL1+L2+L5による搬送波位相測位が可能な観測データを出力する内部アルゴリズム
・QZSSのL6帯の信号捕捉、追尾、デコードによるRTK-PPP(高精度単独測位)
・PPP-AR(搬送波位相の整数バイアス解を求める)に関する要素技術
 ※従来のPPPと比較し精度(水平RMS)が10㎝から2-3㎝へ改善

 

特徴・ポイント
・全ての測位衛星からの信号を利用し、高精度測位演算が可能(商用製品では世界初)
・QZSSのL6信号を復調し、単独で高精度測位が可能(商用製品では世界初)
・QZSSのエリア外では高精度RTK受信機として使用可能。長基線長RTKやVRSにも対応
・独自のIMUとのカップリング技術により、自動運転に最適なソリューションを提供

 

想定される提供先・提供先へのメリット
準天頂衛星のL6信号に対応し単独高精度測位を実現することで、農業機械、建機、産業機器、ドローン、ロボットなど幅広い機器において高精度位置センサとして活用が可能です。コスト面も従来品の1/10以下です。技術的理由で海外メーカーが高シェアを握る中、本製品を通して日本国内の産業のスマート化、活性化が期待できます。

 

主な実績
・大手農機メーカー複数社に量産採用(2017年)
・CEATEC AWARD 2015 グランプリ、CEATEC AWARD 2017 総務大臣賞 受賞
・ドローンの衝突回避技術構築の為の実証実験に採用
・自動車、建機、産業機械等の大手メーカーへ多数納入

 

 

次世代高精度多周波マルチGNSS受信機

次世代高精度多周波マルチGNSS受信機/Multi-frequency Multi-GNSS receiver

出展者プロフィール

マゼランシステムズジャパン株式会社/設立:1993年7月6日
資本金8億6,365万円/100%子会社:MSJ Research CenterLLC(モスクワ)
事業概要:超高感度・高精度衛星測位システムに関する研究・開発・ライセンス等

お問い合わせ先

マゼランシステムズジャパン株式会社

電話:06-4950-5520   FAX:06-4950-5521  

URL:http://www.magellan.jp

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop