イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 株式会社チャレナジー

東京都

株式会社チャレナジー

台風下でも安定して発電できる次世代風力発電機の10kW機事業化

エネルギー・環境

風力発電にイノベーションを起こし、全人類に安心・安全な電力を供給する

小間 NE-03
プレ n0831_2_1150
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
エネルギー・環境
小間番号
NE-03
プレゼンテーション
n0831_2_1150
8月31日(金)
NEDOプレゼンテーション スペース2
11:50 - 11:55

出展概要

製品・技術の名称
垂直軸型マグナス式風力発電機

 

展示の概要
株式会社チャレナジーは、「垂直軸型マグナス式風力発電機」の研究・開発を行うベンチャー企業です。「マグナス式」と「垂直軸型」を組み合わせた風力発電機はいまだ実用化された例がなく、2016年から沖縄県で実施しているフィールドテストは世界初の試みです。現在は、実環境下での稼働データ取得や効率改善の取り組みを行いつつ、2020年までの販売開始を目標に定格出力10kWの量産機開発に取り組んでいます。

 

コアの技術・特許情報
マグナス力とは、回転する円柱が風を受けたときに生じる揚力です。風速に応じて円筒の回転数を制御することでマグナス力の大きさをコントロールすることができるため暴走しにくく、円筒形状のためプロペラ比較して強度・コスト面の改善も期待できます。また、垂直軸型を採用することであらゆる風向きにも対応できます。

 

特徴・ポイント
既存の風力発電機のなかには「台風でも壊れない」というものもありますが、私たちが開発する「垂直軸型マグナス式風力発電機」のように、「台風下でも安定して発電できる可能性」を秘めた技術は他にありません。さらに、プロペラ式の風力発電機と比較して低回転のため、騒音やバードストライクなどの周辺環境への影響を低減することが可能です。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
平時でも、台風襲来時でも安定して発電できるという特徴を生かし、台風、サイクロン、ハリケーンが襲来する日本やフィリピンの離島地域・山間部等遠隔地など、従来の風力発電機が適していない地域を中心に展開していきます。

 

主な実績
2016年8月より、沖縄県南城市にて、実環境での実証実験を行っています。発電量データの取得とともに、台風環境下における発電の実証も行っています。2017年10月の台風襲来時には風速33m/秒程度での安定稼働を実証することができました。

 

 

フィールドテスト機

出展者プロフィール

台風でも発電可能な風力発電機、垂直軸型マグナス式風力発電機の研究・開発を行うベンチャー企業。2020年の市場販売を目指して、沖縄県石垣島にで実証試験を実施中。

お問い合わせ先

株式会社チャレナジー

メールアドレス:contact@challenergy.com

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop