イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 株式会社サンマリオン

新潟県

株式会社サンマリオン

二軸方向ビルトイン集光追尾装置の開発、応用

エネルギー・環境

超高性能集光太陽電池の可能性を開く

小間 NE-08
プレ n0831_2_1250
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
エネルギー・環境
小間番号
NE-08
プレゼンテーション
n0831_2_1250
8月31日(金)
NEDOプレゼンテーション スペース2
12:50 - 12:55

出展概要

製品・技術の名称
サンバイザー太陽電池

 

展示の概要
NEDO委託事業により開発された二軸方向ビルトイン集光追尾太陽電池を改良し、また、集光太陽電池について副次的に有する特性「選択的太陽光遮断」に着目した商品の試作品です。
また、この集光追尾太陽電池と一般太陽電池を組み合わせれば、全太陽電池の中で最も面積対発電量の多い太陽電池となります。

 

コアの技術・特許情報
球のレンズと、薄型ビルトイン太陽光追尾装置です。このもと、薄い集光追尾太陽電池をなします。球のレンズは角度依存性がないのですが、球面収差という集光するに阻害する要素があります。新構造の球レンズにより長焦点と角度依存性なしを並立します。また、薄型ビルトイン太陽光追尾装置は、端部の上下駆動機構と滑りねじとスライダによる水平駆動機構の同時併用からなります。球レンズ、薄型ビルトイン太陽光追尾装置については弊社独自技術で特許出願済です。

 

特徴・ポイント
集光太陽電池はレンズの太陽電池なのですが、太陽から直接来た日射のみを用います。太陽から直接来ない光はそのまま透過します。このことを利用して、夏の暑い日射のみを選択的に取り除き、下からは空の青が見えて開放的だという機能を持つ商品を提供します。ついでに電気も発電し、日本では透明でありつつ面積当たりが従来の太陽電池と同等、アメリカ西海岸や砂漠地帯では1.5倍から2倍の発電をなします。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
ヒートアイランド現象により、都市部は非常に熱くなってきております。また、体感温度を下げるには影を作るのが効果的ですが、開放感が失われてしまいます。弊社の商品であれば、快晴日の直達日射をカットし、柔らかな光のみを通します。曇天日はすべてが散乱光なので比較的光量が入ります。同時に一般太陽電池以上に発電します。

 

主な実績
2017年11月 太陽光発電国際学会 PVSEC 27にて発表
2018年6月 太陽光発電国際会議 WCPEC 7 にて発表

 

 

サンバイザー太陽電池モック/Prototype of sun visor photovoltaic

お問い合わせ先

株式会社サンマリオ

電話:0258-89-7301   FAX:025-333-4899  

URL:http://sun-marion.com/

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop