イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > エンネット株式会社

東京都

エンネット株式会社

高速パルス計測によるリチウム二次電池の安全性診断法と関連商品

エネルギー・環境

秒速でLIB健全度を高精度・高速に診断!

小間 NE-18
プレ n0831_2_1405
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
エネルギー・環境
小間番号
NE-18
プレゼンテーション
n0831_2_1405
8月31日(金)
NEDOプレゼンテーション スペース2
14:05 - 14:10

出展概要

製品・技術の名称
直流および交流法を用いて、機械学習的診断で電池健全度を秒速で推定します。

 

展示の概要
・市販リチウムイオン電池の過渡応答規格化特性、充放電特性、インピーダンス特性を3D表現します。
・数秒の高速パルス過渡応答から、秒速で電池健全度(劣化度)を定量的に評価します。
・プロトタイプ診断器(多重インピーダンス計測系)および市販の多チャンネルインピーダンス計測器(日置電機製)での機械学習法診断の実演を行い、本診断方法の効果を示します。

 

コアの技術・特許情報
1.パルス測定データのダウンサイズ化および正規化データ処理法の標準化を行っています。
2.本診断法は、診断対象電池の高速パルス応答の計測に適用して、該応答変化を様々な使用環境下で促進した容量減少と相関させています。
3.パルス応答値および擬似等価回路パラメータの解析値を訓練標本とした機械学習的アルゴリズムを用いて、汎用電池の劣化状態を定量的に高精度(5%以内)、かつ高速(秒速)で推定します。

機械学習法による診断に関する特許情報;
特許第6145824号;【名称】電池診断装置および電池診断方法

 

特徴・ポイント
1)本開発診断器(リリース予定)により電池劣化度値の推定が秒速で可能。
2)出荷時の電池特性評価の検査時間が本技術の適用で大幅に縮小(数十時間から、秒速に)。
3)一次使用済み電池のリユース検査が、本技術の適用により大幅に改善。
4)本技術の応用により、近未来に動作中電池のオンボード診断が高精度で可能となる。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
ご提供先:
◇電池メーカー、自動車メーカー →電池およびモジュールの出荷時検査工程における検査時間が大幅に縮小、◇自動車関連、蓄電池設置業者 →電池のメンテナンス時間が大幅に縮小、◇電池搭載デバイス・自動車メーカー →使用中電池の状態把握の評価精度の向上、◇蓄電池処理・リユース関連業界 →電池の再利用の選別精度の向上および選別時間の大幅縮小

 

主な実績
・電子機器搭載の電池選定のために、複数の電池メーカー製電池の特性劣化評価を受託(2016年)
・使用電池の“劣化度”分布分けのための機械学習的診断アルゴリズム作成の受託(2018年)
・計測メーカーのインピーダンス測定機に診断機能を搭載するための共同研究開発による製品化企画

 

 

パルス法による電池状態診断(SOH, SOC) サービスの概要

関連URL

出展者プロフィール

エンネット(株)は、元国立大学教授が代表を務める企業であり、研究開発プロジェクトは研究室所属の旧メンバーや新たな専門技術者で構成されており、これまで培った、産学官の諸機関との共同研究、委託研究、学会交流活動が継続されています。

お問い合わせ先

エンネット株式会社

電話:03-6457-1904   FAX:03-6457-1904  

URL:http://energynet.co.jp/

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop