イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > ダイハツ工業株式会社

大阪府

ダイハツ工業株式会社

温度変化発電を利用した廃熱回生技術の研究開発

エネルギー・環境

「捨てるな!熱」を合言葉に廃熱無き世界の実現を目指して!

小間 NE-25
プレ n0831_2_1505
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
エネルギー・環境
小間番号
NE-25
プレゼンテーション
n0831_2_1505
8月31日(金)
NEDOプレゼンテーション スペース2
15:05 - 15:10

出展概要

製品・技術の名称
温度変化発電

 

展示の概要
【従来とは異なる新原理を用いた未利用熱による発電技術】
・走行状態により変動する自動車の排ガス熱を電気に変換する独自回生システムです。
・従来の熱電発電すなわち空間的な温度差ではなく、経時的な温度『変化』を発電に利用する技術(温度変化発電)です。
・自動車のみならず、工場の排熱回生やウェアラブルデバイスなど、多様なアプリケーションが期待される環境技術です。

 

コアの技術・特許情報
・温度『変化』により強誘電体材料が発生する起電力に合わせて、迎え水のように外部から電気を材料に入力する独自の発電サイクルを用いて、より大きな回生エネルギーを得ることが可能です。※基本特許保有
・材料から発生する起電力が、発電特性の温度依存性に影響し、廃熱回生温度領域が拡大するシナジー効果が得られます。

 

特徴・ポイント
・従来技術(ゼーベック効果:定温熱源の温度差による起電力)ではマイナス要因となる温度『変化』を逆転の発想で利用(焦電効果:変温熱源による起電力)する革新/画期的な独自技術です。
・従来技術に必要な熱交換器と冷却装置が不要なコンパクト/軽量/低コスト化可能な高効率エネルギー回生システムです。
・従来技術とは、競争する技術ではなく共存が可能です。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
・移動体である内燃機関やウェアラブルデバイスでの廃熱回生を初め、固定体の工場廃熱の回生など多様なアプリケーションにおいて、コンパクト/軽量/低コストなシステムを実現します。
・省エネルギー/新エネルギー/CO2削減等、環境分野の中長期的な課題解決に貢献します。

 

主な実績
・Advanced Sustainable Systems, 2017, DOI: 10.1002/adsu.201770031
・Journal of Alloys and Compounds, 2018, DOI: 10.1016/j.jallcom.201807182

 

 

従来技術と本提案技術の比較

研究項目と体制

関連URL

出展者プロフィール

ダイハツ工業株式会社 設立:1907年3月 資本金:284億円 従業員数:12,596名
事業概要:自動車の製造および販売

お問い合わせ先

ダイハツ工業株式会社 技術開発センター

電話:0748-57-1685   FAX:0748-57-1064  

メールアドレス:Satoru_Yamanaka@dk.daihatsu.co.jp

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop