イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > HoloEyes株式会社

東京都

HoloEyes株式会社

Virtual Reality を活用した医療むけ情報サービス

医療・ヘルスケア・バイオ

3次元の体のデータ、術式をそのまま3次元で共有

小間 NW-01
プレ n0830_1_1100
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
医療・ヘルスケア・バイオ
小間番号
NW-01
プレゼンテーション
n0830_1_1100
8月30日(木)
NEDOプレゼンテーション スペース1
11:00 - 11:05

出展概要

製品・技術の名称
Holoeyes XR

 

展示の概要
患者さんのCTスキャンのデータを元にVRアプリを作成をして、臨床では術前のシミュレーション、術中では術野のそばに3Dモデルを表示して参照用のガイドとして使って頂いております。また教育では、3D VRを用いて解剖の理解を深める教材としてご利用頂いております。
今回は教育用のデモを体験できます。

 

コアの技術・特許情報
患者個別のVRアプリをブラウザーを使って簡単に生成できるクラウドサービスを提供しております。

また、VRアプリを作るのに必要なポリゴンを生成する際に必要とされる、CTスキャンデータの臓器や血管を自動的にセグメンテーション手法をDeep Learningをベースとして開発中です。

現在特許申請中。

 

特徴・ポイント
弊社のユーザーには、整形外科、放射線科、歯科医、脳外科医、産婦人科医、泌尿器科医、消化器外科医、看護師養成大学の教員など様々な医師が居ます。
それらの医師からのフィードバックをベースに医療の現場で使えるシンプルかつ直感的なVRアプリを提供しております。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
3D VRを使って手術のシミュレーションやMixed Realityを使っての術中のガイドを使う事により、執刀医の迷いが少なくなり手術時間の短縮化が図れます。

病院においては最新のテクノロジーを活用する事により、若手医師のスピーディーな育成を図れます。

VRでは直感的に理解が出来るので、医学に詳しくない患者さんへの術式の説明にも有効です。

 

主な実績
導入されている病院の一部を紹介します。

岡山大学病院 脳神経外科
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 消化器・乳腺甲状腺外科
国際医療福祉大学三田病院 整形外科
東京医科歯科大学 血管内治療科・脳神経外科
徳島大学 消化器・移植外科
広島大学大学院 整形外科学

 

 

Mixed Realityを使った肝臓の腫瘍摘出手術

Mixed Realityを使った肝臓の腫瘍摘出手術/Surgery to remove tumor in liver using mixed reality app

臨床のVRを使った解剖教育

臨床のVRを使った解剖教育/Lecture of anatomy using virtual reality application

関連URL

出展者プロフィール

患者のCTスキャンのデータから患者ごとのVRアプリを提供し、手術のシミュレーション、3Dの動きの記録をVR空間上で可能にします。また3D VRによる医療従事者向けの教育サービスも提供します。

お問い合わせ先

HoloEyes株式会社

URL:http://holoeyes.jp/

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop