イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 株式会社糖鎖工学研究所

京都府

株式会社糖鎖工学研究所

天然活性を有する糖鎖修飾ソマトスタチンの医薬品開発

医療・ヘルスケア・バイオ

ヒト型糖鎖修飾ソマトスタチンの創成医薬品開発に向けた候補品評価

小間 NW-20
プレ n0830_1_1410
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
医療・ヘルスケア・バイオ
小間番号
NW-20
プレゼンテーション
n0830_1_1410
8月30日(木)
NEDOプレゼンテーション スペース1
14:10 - 14:15

出展概要

製品・技術の名称
ヒト型糖鎖修飾技術

 

展示の概要
当社独自の糖鎖修飾技術を活用して見出した糖鎖修飾ソマトスタチンアナログを開発しております。
本化合物は、天然型ソマトスタチンをベースに、ヒト型糖鎖を修飾する技術を活用して、先発品のサブタイプ選択性を改善し、天然活性の維持を有し、血中安定性等を有意に向上した第3世代ソマトスタチンアナログです。

 

コアの技術・特許情報
当社は、鶏卵からヒト型糖鎖を大量生産する技術、そして、ヒト型糖鎖を修飾する技術を有しております。当社のヒト型糖鎖は、均一な構造を有する新しいバイオマテリアルであり、並行して開発された糖鎖修飾技術を生理活性ペプチドやタンパク質に適用することにより、天然型の糖タンパクを簡易に合成することが出来るとともに、まったく新しい高機能化された、糖ペプチドや糖タンパク質を合成しうるものです。これらのヒト型糖鎖を中心に創薬シーズの開発など、糖鎖の生物学的利用の可能性を追求しています。

 

特徴・ポイント
本化合物は、既存医薬品のノンレスポンダー、対象疾患(先端巨大症、下垂体性腫瘍、神経内分泌腫瘍)で使用制限のある患者群(血糖値等)に対し有効性を示す可能性があります。人体に存在する生理活性物質の改良型であるため安全性も高く、また天然活性を維持しているため、広範な適用拡大が大いに期待されています。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
製薬会社様等へのライセンスアウト、また、ペプチドへのヒト型糖鎖修飾の有益性を検証し、創薬活動や医療技術開発における技術提供を目指しています。

 

主な実績
国内外の大手化学メーカーと多数取引実績があります。
株式会社日本触媒様とは糖鎖修飾ソマトスタチンアナログに関する共同開発を実施しております。

 

 

糖鎖(凍結乾燥)/Oligosaccharide (freeze dried)

当社の創薬プロセス

関連URL

お問い合わせ先

株式会社糖鎖工学研究所 事業部

電話:075-315-9218   FAX:075-315-9225  

メールアドレス:glytech-info@glytech.jp

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop