イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 株式会社サイフューズ

東京都

株式会社サイフューズ

バイオ3Dプリンティング技術による新産業創出への挑戦

医療・ヘルスケア・バイオ

バイオ3Dプリンタで作製した細胞製人工血管の実用化

小間 NW-22
プレ n0830_1_1420
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
医療・ヘルスケア・バイオ
小間番号
NW-22
プレゼンテーション
n0830_1_1420
8月30日(木)
NEDOプレゼンテーション スペース1
14:20 - 14:25

出展概要

製品・技術の名称
独自の三次元細胞積層技術を実装した革新的なバイオ3Dプリンタで開発する細胞製血管

 

展示の概要
再生医療ベンチャーのサイフューズでは、患者さまへ提供することのできる細胞のみで作製した人工血管の開発に取り組んでいます。この細胞製血管の実用化という世界初の試みが実現すれば、糖尿病をはじめとする血管障害をもつ患者さまのアンメットニーズを解消し、QOLを向上するとともに、従来のアプローチとは異なる新しい治療法や新たな再生医療市場を創造することで、医療の進歩へ大きく貢献することになります。

 

コアの技術・特許情報
サイフューズの革新的な基盤技術である「三次元細胞積層技術」の最大の特徴は、スキャフォールド(人工の足場材料)を用いずに、細胞のみの力を最大限に引き出すことで、高い安全性と治療効果が期待できる、立体的な組織・臓器を作製できることにあります。サイフューズでは、知的財産権戦略に基づき、この細胞製品開発の重要なコアプロセス(スフェロイドの作製~積層~循環培養~構造体の熟成までのプロセス)に関わる基盤特許及びその周辺特許について、権利化から権利保持までを行っています。

 

特徴・ポイント
サイフューズの基盤技術は、バイオロジーの領域にエンジニアリングの発想を取り込むという画期的な方法により、バイオロジーとエンジニアリングを融合させて誕生した革新的な技術です。この基盤技術を搭載したバイオ3Dプリンタで作製した細胞製血管は、すでに非臨床試験において、体内の血管と同等の強度及び長期開存を確認しており、サイフューズでは、共同開発パートナーとともに早期の臨床入りへ向け開発を進めています。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
サイフューズでは、現在、骨軟骨・血管・神経など様々な組織・臓器再生の再生医療パイプライン開発を進めると同時に、病気のメカニズムを解明する病態モデルや新薬の有効性・毒性・代謝等を評価する創薬スクリーニングツールとしての細胞製品の実用化も進めています。サイフューズは、独自の基盤技術によって生み出される細胞製品を、患者さま、実際の医療現場、研究開発現場へお届けすることを目指しています。

 

主な実績
細胞製血管の開発は、佐賀大学、京都府立医科大学とともに実用化を目指して進め、これまでの研究開発成果については「第15回産学官連携功労者表彰」において医療の発展という社会貢献や社会ニーズの充足、技術革新市場創出への貢献等に対する高評価を獲得し、「日本学術会議会長賞」を受賞しました。

 

 

実用化へ加速する、サイフューズの細胞製品

お問い合わせ先

株式会社サイフューズ 経営管理部

電話:03-4455-7872  

メールアドレス:info.jp@cyfusebm.com

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop