イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 株式会社先端医療開発

福岡県

株式会社先端医療開発

世界初!食べられるナノ粒子「Foodicle(フーディクル)™」

医療・ヘルスケア・バイオ

フーディクルで安全安心な食卓とセルフメディケーションをサポート

小間 NW-23
プレ n0830_1_1425
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
医療・ヘルスケア・バイオ
小間番号
NW-23
プレゼンテーション
n0830_1_1425
8月30日(木)
NEDOプレゼンテーション スペース1
14:25 - 14:30

出展概要

製品・技術の名称
抗肥満健康素材「玄米フーディクル」、亜硝酸Na代替食品素材「紅麹フーディクル」

 

展示の概要
①玄米フーディクル:玄米エキスを独自の製法でナノ化した抗肥満機能性素材。難吸収性の玄米エキスを必要量得るには、玄米ご飯900杯が必要だが、玄米フーディクルはわずか5mg/日から効果を発揮。ヒト試験でのエビデンスを獲得済み。
②紅麹フーディクル:WHOが発がん性を指摘している発色剤「亜硝酸Na」の代替となる安心安全の食品素材。退色改善、浸透性の向上を実現し、第一弾として明太子での実用化が決定。

 

コアの技術・特許情報
当社は創薬事業で培ったノウハウを食品の分野に応用し世界初の食べられるナノ粒子「フーディクル」を開発。独自のナノ粒子化技術(超薄膜リアクター法)により、ナノ粒子を均一な品質で安定且つ大量に製造する事を可能にし、従来の製造法では実現できなかった食品分野での事業化に成功。
・PCT/JP2017/030493 食品添加用ナノ粒子及び食品添加用ナノ粒子の製造方法
・特願2017-008963 色素組成物、食品、退色抑制方法、及び色素組成物の製造方法

 

特徴・ポイント
1) フーディクルにすることで
・難溶性物質の水中分散を実現→飛躍的な吸収性の向上→少量で期待する効果を発揮。
・希少性素材(成分)の商品化が可能。
・天然色素の浸透性を向上、退色を改善→亜硝酸ナトリウム、合成着色料を使用せず商品化が可能。
2)様々な機能性成分をフーディクルにすることが可能。(色素、味、香りなど)

 

想定される提供先・提供先へのメリット
提供先:食品・健康食品・素材メーカー
①玄米フーディクルは、動物での各種安全性試験、ヒト試験(用量設定・安全性試験)を実施済みで、コストをかけずに科学的根拠を備えた商品開発が即可能。また、様々な剤形へ対応可能。
②紅麹フーディクルは、魚卵加工品、ハム・ソーセージ等に使用可能で、一部の商品で既に実用化済み。メーカーの希望の色味に調整可能。

 

主な実績
辛子明太子メーカーの亜硝酸Na代替食品素材として採用(2018年)

 

 

玄米フーディクルは錠剤をはじめ様々な製品展開が可能

紅麹フーディクルは亜硝酸Na代替可能な食品素材

出展者プロフィール

株式会社先端医療開発 設立:2007年2月 資本金:23,565万円 従業員:21名 事業概要:医薬品、医療機器、医薬部外品の研究開発及び健康食品の製造販売、高度管理医療機器販売、ゲノム解析受託、管理法人業務

お問い合わせ先

株式会社先端医療開発 経営企画室

電話:092-271-5508   FAX:092-282-1164  

URL:http://www.sentaniryou.co.jp/

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop