イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > 株式会社オリゴジェン

京都府

株式会社オリゴジェン

プラットフォームテクノロジーとしてのヒト神経幹細胞“OligoGenie™”

医療・ヘルスケア・バイオ

"OligoGenie"を用いた細胞医薬品と創薬スクリーニング系の開発

小間 NW-24
プレ n0830_1_1430
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
医療・ヘルスケア・バイオ
小間番号
NW-24
プレゼンテーション
n0830_1_1430
8月30日(木)
NEDOプレゼンテーション スペース1
14:30 - 14:35

出展概要

製品・技術の名称
ヒト神経幹細胞”OligoGenie”とこの細胞を用いた創薬ツール

 

展示の概要
再生医療のために開発された新しいタイプのヒト神経幹細胞”OligoGenie”(日米特許取得済)を用いた神経疾患に対する再生医療製品の開発及び創薬への応用について展示を行います。神経幹細胞を用いた神経疾患の治療にご興味をお持ちの方は是非お立ち寄りください。また創薬では多発性硬化症治療薬の開発も行っておりますので、疾患にご興味のある方も是非お立ち寄りください。

 

コアの技術・特許情報
当社のヒト神経幹細胞”OligoGenie™”(日米特許取得済)はオリゴデンドロサイトへほぼ100%の効率で分化可能である。脊髄損傷などの神経疾患の再生医療では、移植された細胞がオリゴデンドロサイトへ分化し、損傷を受けた髄鞘を再形成することによりその効力を示すと考えられており、競合他社の細胞よりもより高い治療効果が期待できる。

ヒト神経幹細胞”OligoGenie”の細胞特許及びその大量培養方法に関する特許
日本:特許第5649745号(2014年11月21日に成立)
米国:US8993320 B2 (2015年3月31日に成立)

 

特徴・ポイント
"1)脊髄損傷の治療に必要なオリゴデンドロサイトへ分化する効率が他社(5〜20%)の5倍以上高い(>99%)ため、より高い治療効果が期待できる
2)脊髄損傷において断裂した神経軸索の再延長効果があると報告されているポリシアル酸(PSA)をその細胞表面に発現しており、軸索再延長効果も期待出来る
3)1兆倍以上に増殖可能である"

 

想定される提供先・提供先へのメリット
◇ご提供先:再生医療に進出を考えている企業や神経疾患に対する創薬を行っている製薬企業
 →様々な神経疾患に対して、新しいタイプの神経幹細胞を用いた細胞医薬品の開発や同細胞を用いた創薬を一緒に行う事が出来ます

 

主な実績
1)未来2016のバイオサイエンス部門で優秀賞受賞、2)NEDO 平成28年度「起業家候補(スタートアップイノベーター)募集」に採択、3)NEDO平成29年度「研究開発型ベンチャー支援事業」においてシード期の研究開発型ベンチャーとして事業化支援先に採択

 

 

OligoGenie細胞とは

出展者プロフィール

オリゴデンドロサイトへの分化効率の非常に高いヒト神経幹細胞"OligoGenie"を使用して、治療法の無い神経疾患(先天性大脳白質形成不全症、脊髄損傷、多発性硬化症など)に対する新しい治療法を開発している。

お問い合わせ先

株式会社オリゴジェン

電話:080-4708-2123  

メールアドレス:tkido@oligogen.jp

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop