イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
開催2018年8月30日 (木)~31日 (金)
Home > 出展者一覧 > サカイオーベックス株式会社

福井県

サカイオーベックス株式会社

熱可塑性樹脂が含浸した広幅薄層シート材製造方法の開発

ものづくり

CFRTP用中間基材

小間 NM-03
プレ n0830_2_1040
出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
ものづくり
小間番号
NM-03
プレゼンテーション
n0830_2_1040
8月30日(木)
NEDOプレゼンテーション スペース2
10:40 - 10:45

出展概要

製品・技術の名称
熱可塑性炭素繊維プリプレグ「OVEX」TM

 

展示の概要
熱可塑性樹脂と炭素繊維を複合させた一方向繊維シートを開発しております。
含浸を促進する為に炭素繊維を「開繊」して薄層にしました。
複数本の炭素炭素繊維を同時に開繊することで広幅、低コスト化を図っております。
樹脂と炭素繊維を複合させた基材なので成形時間を短くすることが可能な材料です。 

 

コアの技術・特許情報
福井県工業技術センターの開発した「開繊技術」を用い、繊維基材を薄層にしました。
同センターの多本数の繊維を隙間無く開繊して広幅シートを製造する技術を導入しました。
樹脂含浸の精度・速度を向上させ、安価な熱可塑プリプレグを開発しております。

 

特徴・ポイント
1)炭素繊維を開繊することにより樹脂含浸のし易さを高めました。
2)加工時に発生する繊維間隙間を減少させました。
3)薄層積層により高耐久性を実現します。(トランスバースクラックが抑制されます)

 

想定される提供先・提供先へのメリット
薄層にした炭素繊維と樹脂が複合した基材で、加熱プレスで成型できます。
既存部材の表層に配置させることで強度・剛性が向上します。
高弾性タイプのPAN系炭素繊維のプリプレグが製造できます。

 

主な実績
・炭素繊維開繊糸織物として、競技用レース車輌に採用(2008年~)
・福井県工業技術センターと熱可塑性樹脂含浸シート材製造方法の共同研究(2015年~)

 

 

熱可塑性プリプレグUD

お問い合わせ先

サカイオーベックス株式会社 複合部材事業部

電話:0778-34-8680   FAX:0778-34-2012  

メールアドレス:info-acm@sakaiovex.co.jp

プライバシーポリシー
© 2018  イノベーション・ジャパン2018運営事務局

PageTop